*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


今週の注目馬
ダイワファルコン3歳時に皐月賞トライアルの弥生賞で3着に好走して優先出走権を獲得し、本番の皐月賞(8着)でも1着馬ヴィクトワールピサから0秒5差に善戦した実績の持ち主。日本ダービー、菊花賞には駒を進めることができなかったが、3歳の秋から徐々にステップアップを遂げ、前々走の中山金杯(2着)で初めて重賞連対を果たした。全6勝中5勝を中山・芝で挙げているコース巧者。別定重量で行われた前走のGII・中山記念は9着に敗れたが、GIII のハンデキャップ競走に条件が替わる今回、その地力を見直す必要があるだろう。

ガルボ
3歳時の2010年にシンザン記念で重賞初制覇を飾って以降、長く勝ち星から遠ざかっていたが、前々走の東京新聞杯で約2年ぶりに先頭でゴールイン。2つ目の重賞タイトルを手に入れた。23戦して3勝と勝利数は少ないものの、一昨年の富士Sで3着、昨年の京都金杯と阪急杯で2着の実績があり、強敵相手に何度も接戦を演じてきた実力馬。前走の阪急杯も5着ながら、1着馬マジンプロスパーから0秒4しか負けていない。安定感という面でも高い評価が可能。今回も大きく崩れるシーンは想像しにくい。



QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。